2019年1月26日土曜日

Javier Areal Vélez (guitar), 鈴木ちほ (bandoneon), 狩俣道夫 (flute, sax, voice, etc), 吉本裕美子 (guitar, daxophone)

拡大
Calato、COSO、El Helicóptero …… 即興からノイズ、ポップバンドまで幅広いフィールドで活躍するJavier Areal Vélez(from Argentine)初来日

Javier Areal Vélez (guitar) from アルゼンチン
鈴木ちほ (bandoneon)
狩俣道夫 (flute, sax, voice, etc)
吉本裕美子 (guitar, daxophone)

2019年1月26日(土)
7:30pm 開場 8:00pm 開演
チャージ 1,500円 (飲食物販売なし・持込可・会場内禁煙)

Ftarri 水道橋店 (CD/Record Shop)
http://www.ftarri.com/suidobashi/
JR総武線 水道橋駅東口より徒歩5分
都営三田線 水道橋駅A1出口より徒歩3分
丸ノ内線/南北線 後楽園駅2番出口より徒歩8分
丸ノ内線 本郷三丁目駅2番出口より徒歩8分
文京区本郷1-4-11 岡野ビル地下一階 (金刀比羅神社向かい)
Tel. 03-6240-0884 (午後4~8時/休業日やライヴ時間中除く)
E-mail: info@ftarri.com

プロフィール


Javier Areal Vélez (guitar) from Argentine
音色やリズムを強調するエレクトリック・ギターのオリジナル奏法により伝統的なフォームを回避。強度・ダイナミックなコントラスト・普遍性のある奇妙さを好み、特定のジャンルに寄らない音を生み出す。Calato、El Helicóptero、COSOなどのバンドに参加。Buenos Aires' Improvisers OrchestraとEnjambre de Guitarrasの創設メンバー。2014年よりCalatoのJorge Espinalと共同で国内外のミュージシャンのための実験音楽のコンサート・シリーズ、Adoba Tritura Machacaをキュレーションする。Audrey Chen、Paal Nielsen Love他と共演。
http://javierarealvelez.com.ar/

鈴木ちほ Chiho Suzuki (bandoneon)
2013年よりリーダーバンド「惑星ポルチーニ」(岩見継吾cb、荻野やすよしg)をはじめる。藤井郷子氏、板橋文男氏、類家心平氏などに多大な影響を受ける。また国内外で活躍しするコントラバス奏者齋藤徹氏の音楽からの啓蒙により即興音楽に挑戦。バンドネオンという楽器で独自の音楽表現を目指す。
http://ameblo.jp/oioichipori/

狩俣道夫 Michio Karimata (flute, sax, voice, etc.)
沖縄県出身。米国ベルモント大学卒(作曲、音楽理論専攻)。即興演奏を中心に、「愚弁」「波流乱満 地獄変」「ぬばたまり」等のユニット、灰野敬二とのデュオシリーズ等で活動中。
発売中CD作品『ノーアンブレラ、ノータンギング、イフ ノット フォー ザ ルーム』(Bishop Records, EXJP020)
https://twitter.com/blinensen

吉本裕美子 Yumiko Yoshimoto (guitar, daxophone)
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、国内外15カ国30以上の都市にて演奏。ダンスや朗読、映像など他ジャンルとの共演も多い。『白昼夢』(山田勇男/8ミリ/2008年)他の実験映画に音楽提供。ホイミ、冬虫夏草に参加。
https://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

Calato (即興と楽曲をミックスして演奏するカルテット)、COSO (ノイズ/ポストパンクのトリオ)、El Helicoptero (ビサーレ・ポップバンド)など、幅広いフィールドで活躍するアルゼンチンのギタリスト、Javier Areal Vélezさんの初来日公演の一つを企画しました。JavierさんはBuenos Aires' Improvisers Orchestraの創設メンバーの一人であり、国内外のミュージシャンのための実験音楽のコンサート・シリーズを開催するなど、アルゼンチンの即興演奏界隈のキーバーソンであると言えます。近年のわたしの活動の中で最も重要な共演者、鈴木ちほさんと狩俣道夫さんにも出演をお願いしました。Javierさんのソロ演奏の他、いくつかの組み合わせでセッションする予定です。

2019年1月25日金曜日

中止 ― 第10回MYMのドンドンドン

追記1月23日
大変申し訳ありません。急な事情によりこのライヴは中止となりました。
場所を変更しての開催もせず、近いうちに仕切り直しするとのことです。

MYM (マサト drums, 大石悠 VK-8, テヅ☆マリアッチ guitar)
ホイミ (みほ keyboard, えこ trumpet, りか bass, 千草 drums, 吉本裕美子 guitar)
ニューグリフィンズ (前里慎太郎 vocal&guitar, フリハタマリカ drums&chorus)

2019年1月25日(金)
7:00pm 開場
チャージ 2,000円 (1ドリンク付き)

詳細未定

Facebook Event Page

三軒茶屋 Come Together
http://www.cometogether.jp/
世田谷線/田園都市線 三軒茶屋駅 (田園都市線北口A)より徒歩3分
世田谷区太子堂2-23-5 プルミエ太子堂B1
Tel&Fax: 03-3410-0069
E-mail: info@cometogether.jp

MYMのお誘いで、女性のみの即興ジャムバンド、ホイミで演奏します。三軒茶屋にこのようなライヴ・スペースがあるとは全く知りませんでした。初めてのお店での演奏、楽しみです。

追記(1月22日)
トラブルによりCome Togetherでライヴできなくなってしまい、西横浜El Puenteに急遽変更になったようです。

2019年1月22日火曜日

吉本裕美子 (guitar, daxophone), 須郷史人 (drums), 古川忠幸 (saxophone)

古川忠幸 (saxophone)
吉本裕美子 (guitar, daxophone)
須郷史人 (drums)

2019年1月22日(火)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 2,000円 (飲食物持込可)

七針
http://www.ftftftf.com/
東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A4出口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線/東西線 茅場町駅 1番出口より徒歩5分
JR京葉線 八丁堀駅 B1出口より徒歩7分
東京駅 JR八重洲口より徒歩15~25分
中央区新川2-7-1 オリエンタルビル地下
E-mail: yy@ftftftf.com
Tel. 070-5082-7581

サックスの古川忠幸さんにお誘いいただきました。七針に出演するのは5年ぶり、須郷さんとの共演は3年ぶり、そして古川さんとの共演は初めてです。

2019年1月18日金曜日

Urban:Dentist (from Sweden) w/ 吉本裕美子

Urban:Dentist (from Sweden)
- Bror Tomas Sandström (drums)
- August Palm (guitar)
- Milton Öhrström (piano, electronics)
- Emil Skogh (synthesizer)
- Alexander Capasso (bass)
- Fjodor Prohorenko (percussion)

guest
吉本裕美子 (guitar, daxophone)

2019年1月18日(金)
7:30pm 開場 8:00pm 開演
予約 3,500円 当日 4,000円 (1drink付)

稲毛Jazz Spot CANDY
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/
JR総武線 稲毛駅西口より徒歩3分
京成千葉線 京成稲毛駅より徒歩10分
千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
Tel.043-246-7726 (3:00pm-10:00pm)
E-mail: jazz_candy-lj@infoseek.jp

スウェーデンのフリージャズ・ファンクバンド、Urban:Dentistのライヴにゲスト参加することになりました。ポップで目まぐるしく変化するとっちらかったサウンド、楽しいことになりそうです。Jazz Spot CANDYには4年半ぶりの出演です。

2019年1月17日木曜日

ホイミングvol.3 ~空間系インストゥルメンタル~

ホイミ (みほ keyboard, えこ trumpet, りか bass, 千草 drums, 吉本裕美子 guitar)
空間猫 (平岡泰 guitar, ? bass, 杉本博紀 drums)

2019年1月17日(木)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 1,000円 + ドリンク

阿佐ヶ谷 天
http://asagaya-ten.com/
JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩1分
駅を背に線路沿いの道を左(荻窪方面)へ40~50m、
酒蔵駒忠の看板の手前を右折、突き当りの右角。
小さめのラスタカラーの看板が目印です。
杉並区阿佐谷北2-1-5 B1F
E-mail: ten.asagaya@gmail.com

女性のみの即興バンド、ホイミで演奏します。即興とはいっても完全フリーではなく、ロックバンドがジャムセッションしているような感じのバンドです。

2019年1月12日土曜日

「東京の空オダサガの夜」吉本裕美子+狩俣道夫, Valentine's Turkish Fiddle, Juzu, Masafumi Oda, cha子

拡大
cha子 (vocal, guitar)
Masafumi Oda 織田理史(理央) (PC ?)
Juzu (吉村政信 vocal&guitar, 梅澤妃美 踊り, 清水亮司 drums, 廣瀬寛 tuba) guest 石橋鼓太郎 (cello)
Valentine's Turkish Fiddle (宇宙詩人アトム violin, タロット続木 violin)
吉本裕美子 (guitar, daxophone) × 狩俣道夫 (flute, sax, voice, etc) duo

2019年1月12日(土)
7:00pm 開演
チャージ 1,500円 + ドリンク

EL TOPITO
http://www.el-topito.com/
小田急電鉄小田原線 小田急相模原駅 南口より徒歩2分
小田急相模原駅の南口を降りて左手のパチンコ屋とコンビニの間の道を通り、しばらく行くと右手に美容院があります。その角を右に曲がってすぐ左手に洋服屋さんのあるビルの3階になります。
相模原市南区松が枝町18-13岡田ビル3階
Tel. 042-738-7362
E-mail: info@el-topito.com

一度客として足を運んだことがある小田急相模原のエスニック雑貨屋・ライヴスペース、EL TOPITOに初めて出演します。ソファのあるカジュアルでゆったりしたスペースです。

2019年1月6日日曜日

吉本裕美子 meets 木村由「真砂ノ触角 ―其ノ拾伍―」

拡大
木村由 (dance)
吉本裕美子 (guitar, daxophone)

2019年1月6日(日)
3:00pm 開演

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

綜合藝術茶房 喫茶茶会記
http://sakaiki.modalbeats.com/
地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅 1番出口より徒歩3分
JR中央・総武線 信濃町駅より徒歩12分
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
Tel. 03-3351-7904 (営業時間のみ応対可)
E-mail: sakaiki@modalbeats.com

問い合わせ
メール yumiko.yoshimoto@gmail.com
電話 03-3303-7256 (木村)

プロフィール


木村由 / KIMURA Yu (dance)
幼少の頃、団地の集会場でモダンダンスと会い、踊りの世界に足を踏み入れて
以来、踊りと共に過ごしている。中條富美子に約20年モダンダンスを師事。
NYで活躍しているエイコ&コマに影響を受ける。1992年神奈川県現代舞踊協会奨励賞受賞。
数々のモダンダンス作品に出演する傍ら、自らの踊りを求め作品を作り始める。
「ダンスパフォーマンス蟲」主宰。ちゃぶ台の上で踊る「ちゃぶ台ダンス」を
毎年「夏至」と「冬至」に行っている。美術家や音楽家とのコラボレーションも
多数展開。即興ダンサーとして、その場の空間を見出す試みに夢中。
http://mushi.info/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (guitar, daxophone)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレの
ヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの
即興演奏を開始。Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、これまで
国内外15カ国30以上の都市にて演奏。ダンスや映像、朗読など他ジャンル
との共演も多い。『白昼夢』(山田勇男/8ミリ/2008年)他の実験映画に
音楽を提供。2016年、リトアニアのミュージシャンとのトリオによるCD
「Yoshimoto/Griciute/Mikalkenas」(Sculdubuldu)発表。ホイミ、
冬虫夏草などのバンドに参加。
https://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

毎年1月と8月に開催している木村由さんとのデュオ・シリーズ「真砂ノ触角」、8年目に突入しました。今回は午後3時開演です。この企画は常に新しい挑戦を盛り込み、回を重ねても毎回その場で出会うような改まった気持ちで取り組んでいます。由さんも衣装や美術など毎回いろいろな趣向を凝らしているので、今度はどうなるだろうかと楽しみにしています。