2015年1月20日火曜日

デュオ・アソシエイツ

拡大
多彩なサウンドイメージを展開するインプロヴィゼーションデュオの祭典

森順治 (sax) × 有永道人 (tuba)
池上秀夫 (contrabass) × 長沢哲 (drums)
清水一登 (piano) × 吉本裕美子 (guitar)

7:30pm 開場 8:00pm 開演
チャージ 2,000円 + 1ドリンク

なってるハウス
http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/
東京メトロ日比谷線 入谷駅出口1より徒歩8分
つくばエクスプレス 浅草駅A2出口より徒歩8分
JR山手線・京浜東北線 鴬谷駅南口より徒歩15分
東京メトロ銀座線 田原町駅出口3より徒歩15分
台東区松が谷4-1-8 1F
E-mail: knuttelhouse@mb.point.ne.jp
Tel. 03-3847-2113 (6:00pm~11:00pm 演奏中除く)

インプロヴィゼーションにおけるデュオという形態は実に奥深いものがあります。1対1で多数決の論理が働かないため、協力し合ってやることはもちろん、各々が無関係に展開しても音楽として成立するのです。今回はそんなデュオの奥深さを体験できる3組のデュオを集めました。それぞれのデュオのバラエティ豊かな味わいをお楽しみください。
(発起人:有永)

プロフィール


森順治
フリー・ジャズ及びフリー系の即興のマルチ・リード奏者。アルト・サックスをメインにバス・クラリネット、フルート、ソプラノ・サックスを使用。フォーク、ロック系のバンドとの共演もあり。「集団疎開」「生活向上委員会」の一員として活動。また人形劇団かわせみ座の音楽も長らく担当する。現在は大沼志朗、雨宮拓とのトリオ「M.A.S.H.」での活動をメインに、随所にて様々なインプロヴィゼーション・セッションに参加し、多忙な日々を送っている。

有永道人
1966年、北海道札幌市出身。12歳より吹奏楽部にてテューバを始める。2000年頃より都内にて即興演奏による演奏活動を開始。過去に木村昌哉「カンガルーノート」、北陽一郎「シャンバラ・ブラス・クインテット」、河合拓始「aspects」などのユニットに参加。現在は雨宮拓unit、菖蒲谷徹Gなどにおいて、主にフリー・インプロヴィゼーションのフィールドを中心に活動している。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~michitoarinaga/

池上秀夫
1966年生まれ。法政大学入学と同時にコントラバスの演奏を開始し、大学時代はビッグバンドで演奏。早い時期から即興音楽への関心を持ち続け、1991年、ピアニスト佐藤允彦氏主宰の即興ワークショップ「ランドゥーガ」参加を機にフリー・インプロヴィゼーションの演奏を開始。これまでに多くのライブでミュージシャンはもちろんのこと、ダンサー、詩人など多彩なアーティストたちとの共演を重ねる。現在は東京をベースとしつつ、フランス、チェコ、ポーランド、スイス、香港など海外でのライブも積極的に行っている。
http://homepage3.nifty.com/contrabassism/

長沢哲
1970年、福島県福島市出身。5歳でピアノ、15歳でドラムを始める。ロック・ジャズ等のバンドで活動する傍ら、クラシック・パーカッションを学ぶ。その後、即興演奏を中心とした数々のリーダー・ユニットを展開。同時に作曲活動も行う。2003年に『長沢哲 小沢あき Duo Ensemble』、2005年に『長沢哲 Solo Improvisation Live 「凪に眠る 波に遊ぶ vol.7」』を発表。現在、月例イベント『Fragments』を主催。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tetsu-ngsw/

清水一登
1956年、東京生まれ。作、編曲家。キーボード、マリンバ、クラリネット奏者。1984年よりミュージシャンとして活動。「キリングタイム」、仙波清彦「はにわちゃん」、梅津和時「シャクシャイン」等を経て、1989年、れいち(voc.,ds.)と「AREPOS」を結成。2005年、「ヒカシュー」に参加。多分野にわたるミュージシャンとの活動とともに、CM、映画や舞台音楽など幅広く手がけている。

吉本裕美子
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他、喫茶茶会記の「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・ホールの年越しイヴェント「除夜舞」などでソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2009年、越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンス参加。現在、須郷史人(drums)、4+4=8(bass)とのトリオ「阿吽の過呼吸」、吉良憲一(double bass)と露木達也(drums)とのトリオ「lammtarra」などで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

特異な才能により「怪物」とも評されているすばらしい音楽家/作曲家、清水一登さん(AREPOS, ヒカシュー 他)と2回目の共演が実現。最後に出演者全員でのセッションも。

0 件のコメント:

コメントを投稿