2011年12月23日金曜日

坂本宰の影 + 上野雄次 + 吉本裕美子

現代HEIGHTS金曜ライヴ
Friday Night Session

坂本宰の影
上野雄次 (はないけ)
吉本裕美子 (ギター)

2011年12月23日(金・祝)
7:30pm 開場 8:00pm 開演

チャージ 1,800円 + ドリンク代 500円

現代HEIGHTS
http://gendaiheights.sakura.ne.jp/
小田急線東北沢駅、井の頭線池ノ上駅より徒歩4分
世田谷区北沢1-45-36
tel&fax:03-3469-1659

※当日はご来場順のご入場となります。
会場設営の都合上、見づらい位置が出てくる可能性があります。
良い席を確保するにはお早めのご来場をおすすめします。

出演者プロフィール

坂本宰 / SAKAMOTO Osamu (シルエット・パフォーマー)
自身のシルエットや様々な物の影を投影するパフォーマンス。身体を駆使しつつも主体はあくまでも影である故、「坂本宰の影」と名乗り、照明操作から出演までを全て単独で行う。使用する光源は主に生活用品。懐中電灯、ランタン、白熱球、OHP、ときには自転車を漕いで自家発電も行う。1991年初演後、2004年から単独公演、また、音楽家とのコラボレーションも行っている。
http://web.me.com/sakamotoosamu/

上野雄次 / UENO Yuji (花道家/アーティスト)
1967年生まれ、2005年より「はないけ」のライブパフォーマンスを開始、地脈を読み取り花材を選び抜き、[生ける]ことの独自な生きる世界を立ち上げ続けている。創造と破壊を繰り返すその予想不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。詩人・写真家・音楽家・工芸家・ファッションデザイナー等とのコラボレーションも多数行っている。
http://ugueno.com/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (ギタリスト)
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや映像との共演のほか、ソロ演奏も行う。2007年よりキッド・アイラック・アート・ホールの年越しイヴェント『除夜舞』に参加。2008年、山田勇男の 8mm短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2009年、越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンス参加。
http://www.myspace.com/yoshimotoyumiko

坂本さんも上野さんも、絶対に一度は見るべき、唯一無比の新しい表現を切り開いているものすごいパフォーマーです。是非ともご来場ください!

公演終了後、お店は25時まで営業しています。
会場のギャラリーでは水田茂夫展「点と・と線と─」(12/21-12/29)が行われています。

0 件のコメント:

コメントを投稿