2017年12月24日日曜日

tamatoy project presents "Hyoruka Ⅱ"

拡大
秦真紀子 (dance) × 吉本裕美子 (guitar, etc.) duo

2017年12月24日(日)
2:30pm 開場 3:00pm 開演
料金 2,000円 (1ドリンク付き)

綜合藝術茶房 喫茶茶会記
http://sakaiki.modalbeats.com/
地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅 1番出口より徒歩3分
JR中央・総武線 信濃町駅より徒歩12分
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
Tel. 03-3351-7904 (営業時間のみ応対可)
E-mail: sakaiki@modalbeats.com

お問い合わせ:tamatoy project
tamatoy@gmail.com
http://tamatoy.blogspot.com/

プロフィール


秦真紀子 HATA Makiko (dance)
20才の頃モダンダンスの牧野京子に出会い踊りの道へ。
1998年初めてのソロ作品「蛍火」が舞踊作家協会新人奨励賞を受賞、その後ソロを中心に活動。
ふわふわ、うにょうにょ、ぐにゅぐにゅ…やわらかい身体と独自の言葉で擬音語ダンスを展開、多くの作品やコラボに刺激を受けながら自分の踊りを模索中。小空間やギャラリーでのソロ公演の他、集団即興パフォーマンス、音楽・映像・詩人など様々なジャンルの表現者とのコラボも多数。

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko (guitar, etc.)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

秦真紀子さんはわたしが即興演奏を開始して以来最も共演歴の長い表現者のうちの一人で、共に成長し続ける仲間というべき重要な存在です。毎年5月に共同開催しているIrreversible Chance Meetingは8年間続けていますが、今回2013年2月以来の久々のデュオ公演です。

2017年12月13日水曜日

冬虫夏草 (2017-12-13)

拡大
冬虫夏草
橋本英樹 (trumpet)
吉本裕美子 (guitar, etc.)
鈴木ちほ (bandoneon)
島田透 (drums)

2017年12月13日(水)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 1,500円 + 1ドリンク

Cafe FLYING TEAPOT
http://flyingteapot1997.wix.com/ekoda-flying-teapot
西武池袋線江古田駅北口より徒歩3分
有楽町線新桜台駅2番出口より徒歩5分
都営大江戸線新江古田駅より徒歩10分
練馬区栄町27-7 榎本ビルB1
Tel: 03-5999-7971
E-mail: flyingteapot1997@yahoo.co.jp

ドラムスの島田透さん曰く「このバンドのユニークさは、私の見るところ、普通一緒にいない動物たちが一緒にいるような感じです」。トランペット、バンドネオン、ギター、ドラムスという変わった編成で、時に繊細に、時にダイナミックにアンサンブルを紡ぎあげます。

2017年12月3日日曜日

Ephemeral Moment

拡大
千野秀一 (piano, etc.)
高岡大祐 (tuba)
Miya (flute)
吉本裕美子 (guitar, etc.)

2017年12月3日(日)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
料金 2,500円 (予定)

アトリエ第Q藝術 1Fホール
https://www.seijoatelierq.com/
小田急線 成城学園前駅 南口・北口より徒歩3分
世田谷区成城2-38-16
Tel. 03-6874-7739
E-mail: q.art.seijo@gmail.com

プロフィール


千野秀一 Shuichi Chino (piano, etc)
1970年代からポピュラー音楽分野で活動。ダウンタウン・ブギウギバンドに所属。映画・舞台の音楽を制作しつつ、Wha-ha-ha(坂田明)、A-Musik(竹田賢一)、Ground-Zero(大友良英)、ふちがみとふなとカルテット等のユニットに参加。90年頃からピアノ、ラップトップの即興演奏を始める。ピアニストだけの即興フェス「ピアノ舞踏会」を4回開催。2008年からベルリン在住。2015年、Hui-Chun Linとのデュオアルバム「That Afternoon」(MAYBEE 001)、2017年、半野田拓とのデュオアルバム「Voicelessness」(jigen017)を発表。

高岡大祐 Daysuke Takaoka (tuba)
大阪生。90年代中頃より音楽活動を開始し、以降即興演奏とジャズ、音響的な側面を持つアコースティック/エレクトロニクス的な演奏形態を中心とする。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏/操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多く行う。
http://www.bloc.jp/daysuke/

Miya (flute)
フルート奏者/作曲家。ジャズ、即興の手法を通して世界の境界にある中間的空間を探検する音楽家。ヨーロッパ、アジアを中心に国際的に活動。民謡など自然や生活に根ざした音楽を追求、他方で写真家やダンサー、美術家などジャンルを超えたアートとの連携にも力を入れている。「Miya's Book」などこれまでに3枚のアルバムをリリース。2015年、山下洋輔をフィーチャーしたユニット「Axis Mundi」を植村昌弘、ナスノミツルらと始動。同年よりシャンパーニュ騎士団(仏)ダム・シュヴァリエ。
http://miya-music.com/

吉本裕美子 Yumiko Yoshimoto (guitar, etc.)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他ソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

アトリエ第Q藝術 atelier:Q
日本画の巨匠、高山辰雄のアトリエだった一軒家を全面改装し、今年9月にオープン。昨年末閉館した明大前キッド・アイラック・アート・ホールのチーフ・ディレクター早川誠司と劇作家の高山なおきにより運営。既存の枠に収まらない、第「Q」番目の芸術を生み出す場、それを披露する場を目指して「アトリエ第Q藝術」と名付けられた。演劇、ダンス、朗読など多様な表現芸術に対応する1Fホール、地下セラールームの他、2Fにはカフェ・ギャラリーQuo vadisを備える。開館設備費用をクラウドファンディングで募集し、目標金額1,800,000円を上回る支援が集まった(クラウドファンディング経由以外の支援も含む)。
https://www.seijoatelierq.com/

ベルリン在住の千野秀一さんと久しぶりに共演します。アトリエ第Q藝術にはアップライトピアノがありますが、千野さんは最近はピアノ以外に、壊れたオートハープをピアノの内部奏法のようにして演奏をされることも多いです。高岡大祐さんはホープ&マッカラーズ、華村灰太郎カルテット、歌女、板橋文雄グループなどのバンドの他、今年はデンマークのフェスティバルに出演するなど大活躍されています。MiyaさんはThe Tokyo Improvisers Orchestraでご一緒していましたが、最近は山下洋輔をフィーチャーしたユニットAxis Mundiの他、即興演奏では灰野敬二さんや坂田明さんとも共演するなど次々と活躍の場を広げています。超強力ミュージシャンが集結するこのライヴ、是非とも多くの方にご覧いただきたいです。