2017年11月23日木曜日

はないけ×ギター即興ライヴ!

拡大
上野雄次 (はないけ)
吉本裕美子 (ギター 他)

2017年11月23日(木・勤労感謝の日)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
料金 2,500円

アトリエ第Q藝術 1Fホール
http://q-art.blog.jp/archives/2169033.html
小田急線 成城学園前駅 南口・北口より徒歩3分
世田谷区成城2-38-16
E-mail: q.art.seijo@gmail.com

プロフィール


上野雄次 UENO Yuji (花道家/アーティスト)
(Japanese Flower arrangement IKEBANA artist&master)
1967年、京都府生まれ。1988年、勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。2005年より【はないけ】のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキで開始。地脈を読み取りモノと花材を選び抜き、いけることの独自な生きる世界を立ち上げ続けている。創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。詩人、写真家、音楽家、舞踊家、工芸家、ファッションデザイナー、パフォーマー等とのコラボレーションも多数。
http://ugueno.net/

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko (ギタリスト)
(guitarist, music creator & performer)
ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他、キッド・アイラック・アート・ホールの「除夜舞」や喫茶茶会記の「深夜廟」などでソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作のギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

昨年惜しくも閉館した明大前キッド・アイラック・アート・ホールのチーフディレクター、早川誠司さんが9月に新しくオープンするスペースで、近年活躍目覚ましい(花いけバトル、TEDxTokyo 2015、大地の芸術祭の里でのパフォーマンス 他)上野雄次さんとの即興パフォーマンスをおこなます。上野雄次さんとは、武蔵小金井 ARTLAND、東北沢 現代HEIGHTS、明大前 キッド・アイラック・アート・ホールで共演を繰り返してきましたが、これらのスペースはいずれも現在はなくなってしまいました。新しくオープンするアトリエ第Q藝術は、日本画の巨匠、高山辰雄さんのアトリエだった一軒家で、1Fのホールは2002年道路拡張工事による移転後のキッド・アイラック・アート・ホールよりも広く、その他に地下のセラールーム、2Fにカフェ・ギャラリーを備える施設になるそうです。

2017年11月11日土曜日

喫茶茶会記 深夜廟「真夜中の振り子」第15回

拡大
喫茶茶会記 深夜廟
地下水脈をさぐる振り子のように茶会記の夜に漂う気配を掬い取る一人即興演奏会「真夜中の振り子」第15回

吉本裕美子 (guitar) ソロ

2017年11月10日(金)
深夜(土曜朝) 26:00~28:00

料金 2,000円 (1ドリンク付き)

綜合藝術茶房 喫茶茶会記
http://sakaiki.modalbeats.com/
地下鉄丸ノ内線 四谷三丁目駅 1番出口より徒歩3分
JR中央・総武線 信濃町駅より徒歩12分
新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
Tel. 03-3351-7904 (営業時間のみ応対可)
E-mail: sakaiki@modalbeats.com

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko プロフィール

東京生まれ。ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他、喫茶茶会記の「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・ホールの年越しイヴェント「除夜舞」などでソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作のギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年4月、ベルギーOff - Record labelよりギターソロアルバム「Midnight Pendulim #0」デジタルリリース。同年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

4ヶ月ごとの喫茶茶会記深夜廟、第15回目です。通常は3・7・11月の第1金曜日午前2時より開催しているのですが、今回は第2金曜日の深夜(日曜朝)に開催します。午前2時より40~50分×2セット、たっぷりソロで演奏します。お時間のある方はお立ち会いいただけると幸いです。この日、お店は丸ノ内線始発(荻窪方面5:30am)まで営業します。

2017年11月5日日曜日

Niels Mestre, André van Rensburg, 吉本裕美子

拡大
Niels Mestre (guitar, trumpet) from France
André van Rensburg (guitar, shakuhachi) from South Africa
吉本裕美子 (guitar, etc.)

2017年11月5日(日)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 1,000円 + 1ドリンク

BAR GARIGARI
http://www.cinemabokan.com/
井の頭線池ノ上駅下車徒歩0分 (駅北口を出て目の前)
世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1F Tel. 03-3481-6997

お問い合わせ yumiko.yoshimoto@gmail.com

プロフィール


ニルス・メストル Niels Mestre (guitar, trumpet)
フランス、パリ在住。15年間ギタリストとして生活。現在は作曲家、トランペット奏者、歌手としても活動を広げている。子供の頃から一人で、または友達と“自由な即興遊び”の演奏を楽しんでいた。インプロヴィゼーションの演奏活動と並行してジャズからレゲエまで様々な音楽スタイルの40以上のグループに参加し、2名から2万人の観客の前で演奏。主な共演者はPierre Chaze (J.HIGELIN, KASSAV')、René Lacaille、Benoît Moerlen (GONG)、Didier Malherbe (HADOUK TRIO)、雨宮拓 (M.A.S.H.)、仲野麻紀、他多数。
https://www.facebook.com/nielsmestre/

アンドレ・ヴァン・レンズバーグ André van Rensburg (guitar, 尺八)
南アフリカ共和国出身の作曲家、演出家、演奏者。90年代中頃に南アフリカで音楽活動を始め、以来台湾、日本、ニューヨーク等で活動。パフォーマンスやレコーディングの他、世界各国のギャラリーでサウンドインスタレーションも制作し、実験的演劇、ダンス及び映像の音楽を数多く手掛ける。不協和音、予想不可能な構造の駆使を特徴としたスタイルにより伝統美を追求。古い微分音楽への趣があり、古来より日本、欧州を問わず研究対象とされてきた尺八との出会いは必然だったかもしれない。これまでにソロまたはグループで15枚のアルバムを発表。2016年に東京に拠点を移し、日本の現代ダンサー及び即興演奏家との演奏活動に注力している。
http://www.andrevanrensburg.org/

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko (guitar, etc.)
東京生まれ、在住。ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他ソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

一昨年、雨宮拓Unitのライヴに出演していただいた仏パリ在住のギタリスト、Niels Mestreさんが再来日します。南アフリカ共和国出身、昨年より日本在住のAndré van Rensburgさんと三者三様のギタリストによるライヴを企画しました。

2017年11月4日土曜日

Lujo Asiático Japan Tour 2017「アジアの贅沢」w/ Warm Sound Project, 吉本裕美子

拡大
Lujo Asiático (from アルゼンチン)
- Cristian Garcia Laborde (drums and pad)
- Andres Serantes (synths)
- Siro Bercetche (synth and samplers)

Warm Sound Project
- 北橋知己 (keyboard, electronics)
- 大川哲夫 (bass)
- 岩崎慎太郎 (guitar)

吉本裕美子 (guitar)

2017年11月4日(土)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 1,800円 + ドリンク

阿佐ヶ谷Yellow Vision
http://www.yellowvision.jp/
JR阿佐ヶ谷駅北口徒歩1分、高架ホーム脇の通り沿い
杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
Tel. 03-6794-8814
E-mail: yellow_vision@lake.ocn.ne.jp

プロフィール


Lujo Asiático
- Cristian Garcia Laborde (drums and pad)
- Andres Serantes (synths)
- Siro Bercetche (synth and samplers)
アルゼンチン、ブエノスアイレスで3年前に結成。シンセサイザーとドラムを中心としたインストゥルメンタル・バンド。バンド名を冠した1stアルバムを2016年9月にリリース。アルバムにはアンビエントでダウン・テンポの曲が多く収録されているが、ライヴでは躍動感あふれるパフォーマンスを見せる。
https://delujo.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/lujoasiatico

Warm Sound Project
- Tomoki Kitahashi (keyboard, electronics)
- Tetsuo Okawa (bass)
- Shintaro Iwasaki (guitar)
- Chubin (electric & acoustic percussion, vocal) 今回は出演キャンセルになりました
2005年結成。ロックとクラブミュージックをベースに、スローペースながら現在進行形の音楽を探究。活動開始当初はインストバンドだったが、2010年にボーカルを加え(現在育休中)、2013年にパーカッションを加えて活動中。
http://www.facebook.com/WarmSoundProject
https://soundcloud.com/warmsoundproject

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko (guitar)
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他ソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、欧州8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

Lujo Asiáticoはアルゼンチンのテクノ/アンビエント/クラブ系バンド。2014年に共演した同じくアルゼンチンのミュージシャン、Aldo Benitezさんからの紹介で東京公演の一つを企画することになりました。