2017年11月5日日曜日

Niels Mestre, André van Rensburg, 吉本裕美子

拡大
Niels Mestre (guitar, trumpet) from France
André van Rensburg (guitar, shakuhachi) from South Africa
吉本裕美子 (guitar, etc.)

2017年11月5日(日)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 1,000円 + 1ドリンク

BAR GARIGARI
http://www.cinemabokan.com/
井の頭線池ノ上駅下車徒歩0分 (駅北口を出て目の前)
世田谷区代沢2-45-9 飛田ビルB1F Tel. 03-3481-6997

お問い合わせ yumiko.yoshimoto@gmail.com

プロフィール


ニルス・メストル Niels Mestre (guitar, trumpet)
フランス、パリ在住。15年間ギタリストとして生活。現在は作曲家、トランペット奏者、歌手としても活動を広げている。子供の頃から一人で、または友達と“自由な即興遊び”の演奏を楽しんでいた。インプロヴィゼーションの演奏活動と並行してジャズからレゲエまで様々な音楽スタイルの40以上のグループに参加し、2名から2万人の観客の前で演奏。主な共演者はPierre Chaze (J.HIGELIN, KASSAV')、René Lacaille、Benoît Moerlen (GONG)、Didier Malherbe (HADOUK TRIO)、雨宮拓 (M.A.S.H.)、仲野麻紀、他多数。
https://www.facebook.com/nielsmestre/

アンドレ・ヴァン・レンズバーグ André van Rensburg (guitar, 尺八)
南アフリカ共和国出身の作曲家、演出家、演奏者。90年代中頃に南アフリカで音楽活動を始め、以来台湾、日本、ニューヨーク等で活動。パフォーマンスやレコーディングの他、世界各国のギャラリーでサウンドインスタレーションも制作し、実験的演劇、ダンス及び映像の音楽を数多く手掛ける。不協和音、予想不可能な構造の駆使を特徴としたスタイルにより伝統美を追求。古い微分音楽への趣があり、古来より日本、欧州を問わず研究対象とされてきた尺八との出会いは必然だったかもしれない。これまでにソロまたはグループで15枚のアルバムを発表。2016年に東京に拠点を移し、日本の現代ダンサー及び即興演奏家との演奏活動に注力している。
http://www.andrevanrensburg.org/

吉本裕美子 YOSHIMOTO Yumiko (guitar, etc.)
東京生まれ、在住。ロックバンドの活動を経て、2006年より越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンスへの参加をきっかけにエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。ダンスや朗読、映像との共演の他ソロ演奏を行う。2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。冬虫夏草などのバンドで活動。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

一昨年、雨宮拓Unitのライヴに出演していただいた仏パリ在住のギタリスト、Niels Mestreさんが再来日します。南アフリカ共和国出身、昨年より日本在住のAndré van Rensburgさんと三者三様のギタリストによるライヴを企画しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿