2017年1月28日土曜日

陰猟腐厭(増田直行, 大山正道, 原田淳), 蔦木俊二 + 吉本裕美子, 橋本孝之

拡大
陰猟腐厭 (増田直行 guitar, 大山正道 piano & keyboard, 原田淳 drums)
蔦木俊二 (guitar) from 突然段ボール + 吉本裕美子 (guitar)
橋本孝之 (alto sax, etc.) from .es(ドットエス)

2017年1月28日(土)
7:00pm 開場 7:30pm 開演
チャージ 2,000円 + ドリンク

音楽と珈琲 ひかりのうま
http://hikarinouma.blogspot.jp/
JR総武線 大久保駅 南口より徒歩15秒
(南口改札を出て右、駅を出て右、すぐ「キューピット」の看板のある建物の地下)
新宿区百人町1-23-17 大久保南口共同ビルB1

プロフィール


陰猟腐厭 / Inryo-fuen
1978年結成。即興演奏を主軸とした活動を開始。
1981年、ライブでの学生活動家たちによる乱入ハプニングも収録された「妥協せず」をクラゲイルレコードから発表。当時のインディーズシーンでは異例の1000枚台の売上を記録。その後も、クラゲイルレコードを中心に数枚のアルバムを発表。
2014年、EM RECORDSよりニューアルバム『抱握』、『陰猟腐厭 初期作品集 1980-82』をリリース。
2016年9月、ロフトブックスより出版の『地下音楽への招待』に、インタビューが掲載。
結成以来不動のメンバーによる活動で現在に至る。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mfr/Inryo-fuen/Japanese/J-Top.htm

蔦木俊二 / TSUTAKI Shunji (guitar)
1977年、兄の蔦木栄一と「突然段ボール」を結成。1980年、トリオ・レコードよりデビュー。以降自主レーベル FLOOR (日本カセット・テープ・レコーヂング) を運営し、フレッド・フリス、ロル・コックスヒルとの共作などのアルバムをリリース。
2003年、蔦木栄一の死去以降は「突然段ボール」の中心人物として、ライヴ、深谷ロックフェスティバルの主催、アルバムの発表などアクティブに活動している。
最新アルバムは「超センシティブ」(2014年 P-VINE RECORDS)。
ソロの「五時夫」名義でも数枚のアルバムを発表している。
http://totsuzendanball.com/

吉本裕美子 / YOSHIMOTO Yumiko (guitar)
ロックバンドの活動を経て、2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。
ダンスや朗読、映像との共演の他、喫茶茶会記の「深夜廟」やキッド・アイラック・アート・ホールの「除夜舞」などでソロ演奏を行う。
2008年、山田勇男の8ミリ短編映画『白昼夢』の音楽を担当。
2009年、越後妻有アートトリエンナーレのヒグマ春夫パフォーマンス参加。
2014年、自主制作ギターソロCD-R「真夜中の振り子」発表。
2016年6月、Water Tower Art Fest 2016(ブルガリア)他、ヨーロッパ8ヵ国で演奏。
http://yoshimotoyumiko.blogspot.com/

橋本孝之 / HASHIMOTO Takayuki (alto sax, etc.)
サックスプレイヤー。2009年、コンテンポラリー・ミュージック・ユニット「.es」(ドットエス)で演奏活動を開始、現在迄で6枚のオリジナルアルバムを発表。
2013年にソロアルバム『COLOURFUL - ALTO SAXOPHONE IMPROVISATION』を発表。
2017年「グンジョーガクレヨン」の新作にレコーディングメンバーとして参加。
http://www.nomart.co.jp/dotes/

1977年より現在に至るまで現役で活躍する日本インディーズ界の重要バンド「突然段ボール」蔦木俊二さんとの初共演。対バンには1978年より不動のメンバーで活動するアンダーグラウンド・フリーロックバンド「陰猟腐厭」、即興デュオ.es(ドットエス)の他、ソロ、セッションで活発にライヴや音源発表をされている橋本孝之さんをお迎えします。

0 件のコメント:

コメントを投稿