2016年12月31日土曜日

除夜舞39周年

拡大 拡大

『餓鬼の眼を欠いた荒野で血の華咲くや 除夜舞
デモクラットの晩鐘となるや 四千二百十二の煩悩を解き放て』
竹田賢一

平野晶広 (ダンスパフォーマンス)
山口昭二 (ギター弾き謡い・中也パフォーマンス)
関谷泉 (パフォーマンス)
k.a.n.a (身体表現)
大串孝二 (アートパフォーマンス)
吉本裕美子 (ギター即興演奏)
田中賢二 (美術)
佐久間文恵 (ダンス)
秦真紀子 (ダンス)
竹田賢一 (大正琴)
若尾伊佐子 (ダンス)
ヒグマ春夫 (映像)
徳田ガン (舞踏) + 章太郎 (ドラム) + ロキ (ギター&ベース)

照明・音響/早川誠司
宣伝美術・ビデオ記録/村山恵一郎
写真/加藤英弘
協力/工藤大輔

約半世紀キッドの空間維持とそのやさしさに感謝です
寒風吹き荒ぶ横浜港氷川丸前にて0時00分の一斉汽笛と共に始まった除夜舞は1987年以来キッドのお世話になりお陰様にて39回目を迎えられました
嗚呼! 除夜舞!
果てのない旅へ・・・闇に光る星を
てのひらにして・・・
徳田ガン

2016年12月31日(土) 午後7時30分~2017年1月1日(日) 深夜1時頃まで

0時まで、それぞれのジャンル作家による行為作品です。
0時新年より、観客をも含む即興コラボレーションです。
(その年の状況により時間は、多少ずれ込むこともあります。)

料金 前売2,500円 当日3,000円

会場 (予約・お問い合せ)
キッド・アイラック・アート・ホール
http://kidailack.com/
京王線・井の頭線 明大前駅より徒歩2分
世田谷区松原2-43-11
Tel: 03-3322-5564
E-mail: kid.ailack.art.hall@gmail.com

52年の歴史のあるキッド・アイラック・アート・ホールはこの除夜舞のイヴェントを最後に閉館します。除夜舞は、舞踏家の徳田ガンさんを中心に、9周年までは横浜の山下公園で、その後はキッド・アイラック・ホールで毎年大晦日に開催されてきました。わたしは2,000年ごろから毎年客として観に行っていましたが、2007年の除夜舞30周年からは毎年出演者として参加していました。来年、除夜舞40周年があるかどうかは未定ですが、少なくともこの場所での除夜舞は最後になります。

わたしの出番は9時ごろの予定ですが、夜中の12時をすぎると観客も乱入可能な集団セッションタイムとなり、ダンサー、ミュージシャン、朗読、その他あらゆるジャンルのパフォーマーが入り乱れて混沌とした状況になります。今年は例年以上の混雑が予想されますが、ご都合のつく方はこの歴史あるホールの最後を見届けに是非足をお運びください。

0 件のコメント:

コメントを投稿