2014年7月8日火曜日

Outermost Ⅱ



TRAPS (France)
YOSHIMOTO Yumiko guitar (Japan) + Gailė Griciūtė piano (Kaunas)
MIGLAUKAS (Vilnius)
GROJA MAGAS (Vilnius)

organized by: Agharta

Tuesday 8th July 2014
8:00pm start
Charge 10Lt.

Kirtimų kultūros centre
Dariaus ir Gireno g. 69,
LT-02188, Vilnius, Lithuania

リトアニアの首都、ヴィリニュスでのライヴ。企画者は今回GROJA MAGAS名義で出演していたArmaさん。Aghartaという名義でレーベルやライヴの企画をしているそうです。カセットテープレコーダーを使用した演奏をしていると聴いていたのですが、今回はオープニングに会場の外で糸あやつり人形を躍らせたりするパフォーマンスをまじえてDJをしていました。GROJA MAGASをGoogle翻訳にかけてみると、I played MAGICIANとでてきます。

2番目の出演者はMIGLAUKASという男女2人組。男性がギターやウクレレ、カリンバその他たくさんの楽器をループで重ねていく演奏をしてそこに女性のエキゾチックな歌声がからみます。

3番目はわたしとGailė Griciūtėさんのデュオ。Gailėさんはリトアニア第2の都市カウナス出身・在住のピアニスト。プリペアド・内部奏法を駆使するばりばり現代音楽畑のミュージシャンです。フィンランドで長く音楽を学んでいて、昨年11月にフィンランドのミュージシャンと共に来日。今年の頭まで日本に滞在していたのですがそのときに知り合いました。今回の旅はGailėさんに大変お世話になりました。このライヴは持ち時間30分だったのですが、最初わたしのソロから始まって途中からGailėさんが加わりました。

最後の出演者はフランスの男女エレクトロニクスデュオ、TRAPS。おもちゃのようなキーボードやエフェクターを駆使してノリの良いアッパーな演奏をしていました。

他の出演者はみな、かちっとした曲をやるわけではないものの、親しみやすいクラブイヴェントっぽい感じのパフォーマンスで、ごりごりのフリーインプロヴィゼーションのわたしとGailėさんはちょっと浮いていたかなと思わなくもないのだけれど、20数人のお客さんは皆熱心に聴いてくださって、今日の出演者の中で一番良かったと声をかけてくださった方も複数いました。

会場はヴィリニュスの空港のすぐ近く、市街地から少し離れたところにある文化センター。設備が整った綺麗な会場で、PAスタッフの方の働きぶりもすごく良く、気持ちよく演奏できました。ピアノは壊れかけていて音の出ない鍵盤があったりしたようですが…。ESTONIAというメーカーのフルサイズのグランドピアノでした。

Facebookのイヴェントページ
ライヴレポート

Armaさん、どうもありがとうございました!

拡大

0 件のコメント:

コメントを投稿