2011年7月28日木曜日

第3回 東京創造芸術祭2011@四谷CCAAアートプラザ内 ランプ坂ギャラリー

河合孝治 (Electronics)
永井清治 (Electronics)
吉本裕美子 (E-guitar)
笹沼暁子 (ダンス)
伊藤由香 (舞踏)
佐藤陽太 (piano)

2011年7月28日(木)
6:30pm~8:30pm
入場無料

会場
四谷CCAAアートプラザ内 ランプ坂ギャラリー
新宿区四谷4-20
東京メトロ丸の内線 四谷三丁目下車 徒歩5分
都営地下鉄新宿線 曙橋駅下車 徒歩7分

第3回 東京創造芸術祭2011
http://tokyopaf.org/

主催 東京創造芸術祭実行事務局
連絡・問合せ先 tokyopaf@gmail.com
http://twitter.com/tokyopaf

東京創造芸術祭実行委員会
河合孝治(サウンドアーチスト)
佐藤亜紀(舞踊家・演出家)
李容旭(映像造形作家・東京工芸大学准教授)

7月24日(日)~30日(土)に開催される「第3回 東京創造芸術祭2011」のパフォーマンス分野で演奏します。会場は四谷第四小学校として70年間使用されていた建物内のギャラリーです。演奏時間は短いと思いますが、ソロと、他の出演者との共演もあるかもしれません。



10分程度のソロと、最後全員でのセッションに参加しました。出演者のジャンルはバラバラで、またパフォーマンス部門というのに、当人はその場に来られずに音源を流すという方もいて、とても不思議な催しでした。でもこのような雑多なイヴェントだからこそ、一人一人の持ち時間が短いのが逆に幸いして、プログラム通して観ていても楽しめるものになっていた気がします。企画そのものは入場無料で気楽な雰囲気のものでしたが、このような機会は、自分がどうしてこのような表現を選択して人前でやっているのかということを厳しく問われる機会でもあると感じます。

写真はご来場くださった喫茶茶会記のマスター、福地さんが撮ってくださいました。どうもありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿